EMOTIONS
第226回 『寂しさの表現3 あるはずのものがない寂しさ
吹く風に、確実に秋の気配が感じられるようになってきました。暑くてまいっていたものの、やはりどこか寂しいような…。
今週のテーマは、「〜がなくて寂しい」です。

寂しい、寂しいとよく言いますが、何が寂しくさせるのでしょうか。寂しいという気持ちは、あってほしい何かが足りない、いてほしい誰かがない状況とつながっています。
まずは物理的な状況からいきましょう。「懐が寂しい」という表現が、日本語にはあります。これも確かに寂しいですね。寂しさは貧乏をつらくする。貧乏は寂しさをつらくする。どちらも本当。
「懐が寂しい」にあたると思われる表現が、have/with empty pockets(ポケットが空っぽ)。ですが、文章の中で目にすることはあっても、会話で使っている人はあまりいません。そんな表現もあるのか、と知っておくだけでいいでしょう。
pocketには、個人的なお金の入っているところという意味合いがあります。ポケットマネーという言い方、日本でもしますね。

It was paid out of pocket.
それは自腹で支払われた。

out of pocketは、口語でよく聞かれる表現です。
では、もっと精神的なところではどうでしょう。
誰かがいなくて寂しい。これは、おなじみの表現です。

I miss you.
あなたがいなくて寂しい。あなたが恋しい。

They will miss you.
(あなたがいなくなると)みんな寂しがるわね。

missの元々の意味は、「目的としていたことをし損なう」、「人やものが存在しないことに気が付く」。つまり、できていいはずのことができない、本来あるはずのものがないということ。
できてもいいのにできない、あるはずのものがないことから、miss a chance(チャンスを逃す)やmiss a bus(バスに乗り損なう)などの使い方ができます。
そして、そこにいるはずの人がいない。だから、寂しい、恋しいという意味があります。
「今この瞬間だけ」と限定できるようなものでもありませんから、基本的には進行形にしません。
なくしてしまったものに対する喪失感が前提ですから、会ったこともない人に対して、「寂しい、恋しい」という意味でのmissは使いません。恋しいと思うのは、一緒に素敵な時間を過ごしたからこそ。恋しい、寂しいと思えるのも、実は幸せなことかもしれません。

来週は、また違った感情についてお話しします。お楽しみに。


Did you think I would miss him?
Of course. You had been together for five years.
Which means I had enough of him.
Don't you miss him at all?
No way.

私が彼を恋しがると思ってた?
もちろんよ。あなた達は5年も一緒にいたんですもの。
つまり彼はもう十分ってことよ。
まったく恋しくないの?
とんでもないわね。