If I said I love you, what would you do?

What if I said I love you?

私は〜した、それは〜だ、など事実をありのままに言うだけの会話は、つまらないと思いませんか?「もしも彼女とデートするなら」「宝くじがあたったら」など、想像することで会話はもっと楽しくなります。

控えめで丁寧な表現、言いにくいことをやんわりと言うことも、仮定法の得意分野。「よかったら今夜、食事でもいかがですか?」「ええ、喜んで」なんてのも、仮定法。「私だったらそうするわ」などIfを使わない仮定法だってあります。仮定法は、あなたの表現能力を大きく広げること間違いなしです。

「時制が分かりにくい、面倒」などの理由で嫌われる一方、「仮定法を使いこなせたらたいしたもの」とは誰もが認めるところでもあります。本書は、映画やポップスなども題材にし、ネイティブが使ういきいきした仮定法表現を、分かりやすい文法説明と豊富な例文で解説しています。

定価:1,300円


掲載例文の一例

If I knew her phone number, I could call her.
もしも彼女の電話番号を知っていたら、彼女に電話できるのに。

I wish it were Sunday today.
今日が日曜日だったらいいのに。

I would give it a try.
私だったらやってみるわ。

Suppose you lived in N.Y.
ニューヨークに住んでるとしたらどう?

She could be right.
彼女はひょっとしたら正しいかもしれない。

When would you like to have the next meeting?
次のミーティングはいつがよろしいですか?

My life would mean nothing without you.
僕の人生は君なしじゃ意味がない。


読者からのお便り

『長い間、wouldの用法について悩んできました。この本をみつけて、これだ!と思いました。』
豊橋・67歳男性

『わかりやすく読みやすく、ページ数も丁度で、現在はこんな素晴らしい本が出版されているのだと感心しています。』
仙台・60歳男性

『表紙のセンスにちょっと感動しました!!中味も、映画の話題など、自分の知っているものも多く、興味が持てました。』
浦和・21歳女性

『「名画名曲の中の仮定法」なんかは頭によく残り、よかった。』
広島・31歳女性

『「仮定法を使った…」は仮定法と一戦交える時には欠かせない強力な助っ人です。』
40代・男性

『 いやーお見事!(失礼ながら)英語が実によく分かっていらっしゃる!語り口もすばらしい!感服して、一気に読み終えました。感動がおさまらず、私の研究室のドクターにも、一冊買い与えました。』
東京・60代・男性

『couldとwouldの使い方を知りたくて購入しました。以前にも助動詞編を購入したことがあったので、分かりやすいことは知ってました。日本で育ってきた英語勉強者には理解しづらいこと(感覚)が、少し分かってきたと思います。』
横浜・30代・女性

『ややadult向けの感じで、楽しく拝読しました。』
愛知・60代・男性

『イギリスの英語学校で勉強中です。ロンドンの日本書店でこの本を買いました。仮定法は学校でも習いましたが、この本のように奥深くは教えてくれません。仮定法を多く使うようになってから、私の英語が洗練されてきたと思います。Thank you so much! 』
ロンドン・60代・男性